京都 北野天満宮近くの花街 上七軒にある、中華料理店「 糸仙 」さんに行ってきました。舞妓さん達にも重宝されており、家庭的な中華料理のお店です。

予約は必須の人気店「 糸仙 」

予約をして訪問。この日は、すでに予約ですべて満席の為、のれんがかかっていませんでした。

店内に入ると、中華料理やさんにありがちな油くささは全く感じません。昭和を感じるレトロな雰囲気。
お料理の提供がスピーディなので、注文をすると、次々とお料理が運ばれてきます。忙しい花街の方々御用達のお店なだけあります。

春捲

人気メニューの春捲。1人前は2本で、1本を4等分にして提供されます。かわいらしい大きさで、ぱくっと食べられるので、舞妓さん達にも食べやすいようです。筍がたっぷりつまっていて、他では食べたことのないお味。

焼売

お肉の旨味をしっかり感じられますが、少々薄味。醤油がないと物足りないと感じる人もいるかもしれません。盛り付けは最も無造作かも(笑)

小海老のチリソース

海老チリなので当然ですが、ピリ辛。海老はもちろんプリプリ。美味しくて、何個でも食べられそう。

すぶた

糸仙さんの名物。豚肉とパイナップルのみの酢豚です。甘さがかなりしっかり。豚肉が柔らかく、きちんと処理をされていて食べやすい。

エビの天ぷら マヨネーズ和え

いわゆる「海老マヨ」ですね。練乳のためか、ソースが甘め。ナッツの香ばしさもしっかり。海老好きには堪らない一品。

やきめし

関西では、チャーハンのことを、「やきめし」と呼びますよね。もちろんパラパラの仕上がりで、お米の粒ひとつひとつに、油がコーティングされてキラキラしています。味は濃くないので、パクパク食べられる!マイベストチャーハンかも。

あんかけ焼きそば・やきぶた汁そば

麺類は自家製。自家製なのに、チキンラーメンのような細くてペラペラの中華麺がうれしい。スープも体に染み渡ります。

カニの玉子焼き

いわゆるカニ玉。細かく刻んだ筍とカニがたまらない。餡は、甘酢系ではなく、出汁の風味が効いています。

ピーマンと牛肉の炒め物

とにかく牛肉がやわらかい。ピーマンは、きちんと火が通っているのに、色もキレイでシャキッとしています。青椒肉絲って、こんなに美味しかったかな?と思うほどです。

とり肉とカシューナッツの炒め

今までのの中で一番味がしっかりしています。甘辛めの味付けです。

杏仁豆腐

杏仁の風味は強くなく、どちらかというと牛乳プリンのような風味でクリーミーな感触。

まとめ

糸仙のお料理は、京都らしく、あっさりとやさしいお味な上、油にもこだわっているようで、胃もたれは全くありませんでした。中華の調味料を使用した和食とも言える料理で、年配の方や胃腸が強くない方でも心置きなく楽しむことができます。ニンニクの風味も感じませんでしたね。
かなり満腹になる程、注文をしても1人3000円弱でおさまるというお財布に優しい点も嬉しいポイント。ただ、人気のお店なので、予約は必須。この日も、ひっきりなしに電話が鳴っていましたので、早めにご予約くださいね。

上七軒は、祇園に比べると、静かで、落ち着いた京都を楽しむことができます。夜のみの営業ですが、花街観光の合間に、昔懐かしい雰囲気の中華料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

SHOP INFO

  • 糸仙
  • 京都府 京都市上京区今出川通七本松西入 真盛町729-16
  • 17:30~21:00(L.O. 20:30)
  • 075-463-8172

ACCESS

  • 京都市バス 上七軒バス停から徒歩4分 北野白梅町駅から徒歩10分